高齢になると不妊になりやすくなります

女性は高齢になると、女性ホルモンも減少し子宮や卵巣の働きも弱くなってきます。当然不妊になりやすいので、もし子どもを授かりたい場合には早めに計画することがベターだと言えるでしょう。もちろん、今は治療技術も進んでいるので絶対に妊娠できないということではありません。40代でも妊娠、出産することは可能ですし、実際に実行している人もいます。ただし、正常な妊娠ができる人ばかりではありません。妊娠中も出産時にもリスクがあり、無事出産できたとしても授乳等の点でデメリットが多いことも事実です。さらに、40代50代で乳幼児の子育てをすることは体力的にも厳しい、というデメリットもあります。妊娠自体はできないことはありませんが、高齢の人の不妊は、母体への負担や胎児の健康、その後の子育てまで考えた上で治療をするかしないか決定しましょう。

高齢の場合は不妊治療を考える事も大事

高齢になってくるほど、妊娠する可能性は下がってきます。そこで、中年になって妊娠のための活動をしているけど、なかなか妊娠できない場合は、妊娠率を上げる不妊治療をしていくのがお勧めになってきます。まずは、産婦人科にいって、担当の先生に事情を言った上で、後は先生の指示に従って治療をしていく事になります。治療は複数ありますので、きちんと先生と話し合って決めて行くようにします。治療をする事によって、妊娠の可能性が増してきて、中年以降でも無事に妊娠できる可能性があります。高齢になってなかなか妊娠できないとストレスもたまってきますし、精神的に不安になってきます。精神的な不安定な状態を改善するためにも、一度産婦人科に行って相談するようにします。治療は長期化する事もありますので根気強くやっていく事が大事になってきます。

高齢になればなるほど上がる不妊のリスク

晩婚化が進む現代では、それに伴って高齢出産する人もどんどん増えてきています。ここ数年では、初婚の年令も30歳前後が平均となっています。医学的に見て、20代から35歳くらいまでが出産適齢期とされています。やはり、年齢が上がっていくにつれて、不妊率も高くなっていく様です。やはり年令が上がると、卵巣機能も段々と衰えてきます。また、仕事やプライベートなどでのストレスなども、あまり良いとは言えません。またタバコは言うまでもなく、男女共妊娠しにくい体の生成を促進します。お酒の飲み過ぎも良くありません。また女性は、冷えが良くないので、夏でも薄着をしすぎない様にするべきです。不妊治療を始める前に、まずは食生活や生活習慣を整えて、健康な体づくりをする必要があります。適度にストレス発散をして、あまり悩みすぎないことも大切です。

妊娠を希望するなら不妊専門院を受診することが確実な方法です。 採卵が困難になってきた方にお越しいただいております。 年齢によって治療方法は異なります。 1976年創業の老舗治療院です。 30代~50代の不妊に悩む方がとても多くなりました。 整体や鍼、そしてマッサージで妊娠率をあげるから安心。 日本で初めての大学での妊活講座を開講しています。 高齢の方へ、不妊治療は子宝治療院がおすすめ