霊園の伝道師ナビ

最短期間で霊園OPEN

最短期間で霊園OPEN

+menu-


霊園を購入して両親の墓を移しました。

私は二年前に実家で一人暮らしをしていた、父親を亡くしました。父親は亡くなる5年前に、母親を亡くしていました。私は就職をする22年前に実家を出て暮らしていましたし、とても実家とは離れた場所で暮らしています。私はその後に妻と結婚をして、一戸建ての住宅を購入して家族で暮らしています。私は父親が亡くなってからは、遺産相続した実家の土地や家を処分をしました。実家の近くの不動産会社にお願いして、売却を見つけてもらいました。私には実家の近くには、まだ両親が眠っているお墓がありました。私は自分たちが住んでいる住宅の近くに、新しく霊園を購入して両親のお墓を建てて移設することにしました。私は自分が暮らしている近くで、購入出来る霊園を探しました。そしてインターネットを利用して住まいから歩いて、10分程度の場所に購入出来る霊園を見つけました。

私はネットで検索した霊園行って行って見ました。そして管理業者に、空いている区画を見せてもらいました。とても入口から近くて、とても日あたりの良い場所が空いていました。そして管理販売をしている業者と、契約をして空いている区画の購入をしました。私はそのあとで墓石業者に行き、墓石を選びました。そしてとても大きな黒御影を利用した、墓石を購入して霊園に建ててもらいました。私は田舎の実家にあった両親の遺骨を、新しく建てたお墓に移設しました。移設するときは実家で利用していた、お坊さんを頼んでお参りをしてもらいました。私は今までは一年に一度お盆に家族で、田舎に行き墓掃除をしてお参りをして来ました。しかし今回自分の住んでいる近くの、霊園に両親の遺骨を移設したことで、時間を見つけていつでもお墓参りに行けると感じています。私は父が残してくれた遺産で、お墓を移すことが出来ました。とても父親には感謝をしていますし、とても嬉しく感じています。私の両親も私の住んでいる近くにお墓を移すことで、とても喜んでいてくれていると感じています。これからは新しく建てたお墓を長い間、守って行きたいと考えています。そして私の子供たちにも、お墓を守って行ってもらいたいと感じています。

私は就職してからはほとんど、実家に帰れなくて両親に会う事は少なかったです。これからは何時でも近くの霊園に行くと、両親に合うことが出来ると感じています。これからは時間を見つけて、両親のお墓に家族で手を合わせて行こうと考えています。