貸切レンタルスペースで展示会を開くメリットとは

自分が作成した作品や他の人の作品もまとめて展示できる展示会、初めて展示会を開こうとしている方は何から手を出していいか分からないとゆう方もいるかと思います。展示会を開く際にはレンタルスペースを探し、貸切る必要があります。展示会を開く場合は複数の作品や、場所を取るような大きな作品を展示する場合があるので、余裕のあるスペースが必要となり一般的な部屋の広さだと足りない為レンタルスペースの貸し切りが一般的です。場所についても、便利な立地のレンタルスペースを借りる事で、誰もが会場まで行きやすくなり、誘導する為の時間も省けるので多くの人に見に来て貰うためには大切なポイントとなります。雨などの悪天候の場合も考え、負担の余り掛からない駅近くなどの分かり易い場所であれば更に集客が望めます。

個人で貸し切る際の費用、複数人で貸切る際の費用

貸切のレンタルスペースについては大小様々なスペースがありますが、個人での展示か複数人まとめての展示かでは費用にも差が出て来ます。展示会を開催する際のレンタルスペースの費用は日当が主になっており、1日の費用かける開催日数とゆう計算になります。個人で展示会をするのであれば日当10,000円以内のレンタルスペースでも十分ですが、1人ですべて負担しなければいけません。その分自分らしい展示の仕方が出来ます。複数で展示会をするのであれば平均として日当20,000円以上のレンタルスペースでないと作品を置くスペースが確保できない可能性があります。費用自体は高づく事もありますが、個人での負担額や展示までの準備を分担する事が出来るので初めての展示にはやりやすいという利点があります。

展示会のメリットと気を付けるポイント

レンタルスペースを貸切で展示会をするのは幾つかのメリットがあります。まず、便利な立地のレンタルスペースを借りる事により多くの人に来て貰える可能性が上がる事です。多くの人に見て貰える事により、今後の活動にも大きく関わって来る為事業拡大には重要といえます。次に自分自身で展示に携わる事で自分のこだわりを納得のいく形でプロデュース出来る事です。ですが気を付けるポイントも少なからず発生してきます。展示をする際には第三者の著作権等の侵害や、演出をする際の安全管理、火気危険物の持ち込みや展示会終了後の撤去作業等です。危険物の持ち込みは勿論ですが、展示会終了後の作品等の撤去に関しては終了後直ちに行うのが鉄則になってきます。撤去の仕方によっては次回からレンタルが出来なくなる可能性もあるので、事前に撤去作業について詳しく計画しておく事が重要といえます。