出産年齢の高齢化で増える不妊とリスク

少子化といわれる今の時代、女性の社会進出に伴い晩婚化が進んでいます。35歳以上は高齢出産といわれていますが、結婚する年齢が遅くなるイコール、出産する年齢も遅くなります。35歳前後で結婚した場合、そこから数年は夫婦で楽しんでから出産となると、40歳手前になります。すぐに妊娠するとは限らず、不妊に悩む人は多いでしょう。不妊治療は、仕事との両立に悩んだり、高額なお金がかかるため諦める人も少なくありません。子供は1歳でも若いうちに産んだ方がいいとよく言います。仕事は歳を重ねてからでもできますが、出産できる年は限られています。いずれ子供を持ちたいと考えている方は、20代のうちから自分の人生設計をしっかり考えるべきでしょう。子育ては体力との勝負になります。もちろん、仕事も大切だと感じますが、高齢出産はリスクも大きくなりがちです。若いうちから少しでも妊娠、出産について考えるべきではないでしょうか。

高齢で不妊で悩んでいる方は相談をする

もし高齢で不妊で悩んでいる方は相談をしてみるべきです。40歳になってから結婚をした方や、ずっと長く子供ができなくて悩んでいる方もいます。そんな方はすぐに産婦人科に行って相談をするべきです。少しでも早く相談をすることで治療をすることが早くできます。恥ずかしくてなかなか誰にも打ち明けられない人もいるかもしれませんが、産婦人科には多くの方が治療をしています。そこで一度相談をしてみると親身になってもらえます。そしてすぐにまずは原因を見つけてくれます。そのために少し期間がかかってしまいます。だから少しでも早くから動き出すことです。タイミングを見る方法だったり、すぐにステップアップしていく方法もあります。高齢になるとなかなか妊娠しづらくなってきます。だから今すぐにでも相談をして動き出すと念願の赤ちゃんができるかもしれません。

高齢の不妊対策は一日も早くすること

昔に比べると30歳を過ぎてから結婚するのが当たり前の時代になりました。晩婚化と共にやってくるのが高齢の不妊問題です。30歳を過ぎて結婚して、いずれ赤ちゃんができたらいいなと悠長に構えているとあっという間に歳を重ねてしまいますので、結婚してから夫婦生活を一年送っても妊娠することができなければ、早い目に対策を練ることが大事です。30歳を過ぎると妊娠率が下がる傾向になり、35歳になると卵子の質が低下すると言われています。卵子がまだ若い間に、タイミング法及び人工授精を一年ほど繰り返し、それでも結果を出すことができなければ体外受精へ踏み切ることも考えておくことです。体外受精においては資金面と精神面が大きく必要とされる治療になりますので、ご夫婦でしっかりと相談をしたうえで答えを出して、納得のいく治療をすることです。