高齢の不妊でも気にせずに前向きに治療を

晩婚化によって高齢女性の不妊治療が活発になっています。クリニックにおいても40歳から始めて体外受精を受けるという夫婦も珍しくない時代になりました。ただ世間では歳を重ねるごとに妊娠がしにくいと言われていますが、海外へ目をやってみると治療の末に45歳から50歳での初産も上昇しています。年齢を気にすることなく、前向きな気持ちを持って治療に取り組むことで、待望の妊娠出産を叶えることができます。日本のクリニックにおいても、近年外国で使用されている排卵誘発剤や黄体ホルモンを補助する薬等を積極的に導入しているおかげで、高齢であっても妊娠へ導きやすい環境に整えてくれています。後は、精神的な治療を回避することによってストレスなく妊娠できるようにするだけです。40歳以上の初産はもう決して珍しい時代ではないです。

高齢の不妊治療をするには制限をかけておくこと

35歳からの妊娠出産は高齢と位置付けられます。晩婚化が多い世の中では35歳から不妊治療を始める夫婦も決して珍しくないですが、年齢のことを考慮すると長年にわたり治療を続けるよりも、ある程度制限をかけることも夫婦にとって大事な選択です。数回程度の治療で授かることができると非常に運が良いですが、不妊治療の助成金の回数を上回っても治療を受け続けていたり、45歳近くになっても治療を続けていたりすると治療疲れになってしまいます。治療疲れになると夫婦仲も険悪になり、体も過度の体外受精で疲れ切っているところがあります。高齢という年齢で差し掛かっている不妊治療を行う場合は、夫婦のためにもある程度制限をかけておくことも大事です。治療にのめり込みすぎて、却って心身ともに大きなストレスを与えてしまうことになりかねないです。

高齢の女性が不妊しやすい理由は

高齢になってくると、女性は妊娠しずらくなるので、なるべく若いうちに出産したい方も多くいらっしゃいますね。統計から見ても不妊になる確率が高くなりますが、ゼロではないので、夫に頑張ってもらうといいですね。高齢になると不妊しやすくなる理由としては、年齢による老化です。年を取ると、どうしても妊娠に大切な機能が失われていくので、徐々に衰退していくのが理由です。年を重ねることで、女性の子宮にある卵子が少なくなってくるので、精子と結びつくことが激減します。ですので、健康的な方と行為をしても妊娠に至ることはないです。妊娠したとしても、難産になるかくりつが高くなるので高齢出産する時、注意することですね。若い女性の体には、多くの卵子があるので、無防備に、その行為をしないことが重要です。される時はゴムを着けてもらうように頼むことです。